[Unifier 5.1.0]マスターサーバーを新規構築した環境におけるAPE配布時の問題

掲載日: 2017年02月15日 15時00分

Flex Work Place Unifierをご利用のお客様に下記の事象ならびに対応策をご案内申し上げます。

【対象バージョン】

  Unifier v.5.1.0

【事象】

Unifier v.5.1.0のマスターサーバーを新規構築した環境において、デフォルトで登録されている下記APEパッケージをUnifier クライアントへ配布した場合にパッケージ配布エラーが発生する。

【配布パッケージの表示名】
・Application Package Editor
・Application Package Editor x64

【原因】

マスターサーバーのパッケージフォルダーに存在するAPEパッケージリソースと、Unifier管理コンソールの配布パッケージ設定(レガシー管理コンソールのパッケージ設定)で当該パッケージが参照するパッケージリソース名とで不一致があるために発生しています。
そのため、Unifier v.5.1.0のマスターサーバーを新規に構築した環境においては、下記対策が必要となります。

【対策】

下記の手順をご参照いただきUnifier マスターサーバーに対してパッチを適用して頂きますようお願い申し上げます。

【レガシー管理コンソールで操作する場合】

  1.レガシー管理コンソールを起動します。
  2.パッケージ設定のアイコンをクリックします。
  3.分類一覧で「Unifier」を選択します。
  4.パッケージ一覧で「COEAPE」を選択し、変更ボタンをクリックします。
  5.表示バージョンを「5.0.0」から「5.1.0」に変更します。
  6.パッケージリソースを「COEAPE0500」から「COEAPE0510」に変更します。
  7.OKボタンをクリックします。
  8.パッケージ一覧で「COEAPEX64」を選択し、変更ボタンをクリックします。
  9.表示バージョンを「5.0.0」から「5.1.0」に変更します。
  10.パッケージリソースを「COEAPE0500X64」から「COEAPE0510X64」に変更します。
  11.OKボタンをクリックします。
  12.更にOKボタンをクリックすると、パッケージ設定画面が終了します。
  13.アップロードボタンをクリックします。

 【Unifier管理コンソールで操作する場合】

  1.Unifier管理コンソールを起動します。
  2.管理ツリーで「すべてのアプリケーション」配下の「Unifier」を選択します。
  3.管理ビューの「COEAPE」を選択し、コンテキストメニューで変更をクリックします。
  4.バージョンを「5.0.0」から「5.1.0」に変更します。
  5.パッケージリソースを「COEAPE0500」から「COEAPE0510」に変更します。
  6.更新ボタンをクリックします。
  7.管理ビューの「COEAPEX64」を選択し、コンテキストメニューで変更をクリックします。
  8.バージョンを「5.0.0」から「5.1.0」に変更します。
  9.パッケージリソースを「COEAPE0500X64」から「COEAPE0510X64」に変更します。
  10.更新ボタンをクリックします。
  11.エクスポートボタンをクリックします。

【アップデートインストールで設定を変更する場合】

1.Unifier インストールメディアダウンロードページから修正パッチをダウンロードしマスターサーバへコピーします。

    ファイル名:PatchData_P50-01.zip
    ダウンロードリンク:http://dotcoe.cpu.yrl.co.jp/FlexWorkPlace/Unifier/PatchData_P50-01.zip

2.修正パッチから「Update.exe」を右クリックし「管理者として実行」します。PatchData_P50-01\Unifier\Update.exe

3.Unifierマスターサーバアップデートプログラムが起動したら[OK]ボタンをクリックします。

4.パッチの適用はすぐ完了します。メッセージが表示されたら[Exit]を選択し画面を閉じます。

5.以降はスレーブサーバー、クライアントが再起動したタイミングで適用されます。

【確認手順】

  配布パッケージCOEAPE/COEAPEX64をインストールしてもエラーにならず、正常にインストールできれば適用は完了です。