[Passage オンプレミス版]Windows 10 Creators Updateへの対応につきまして(続報)

掲載日: 2017年04月24日 13時18分

平素より、弊社Flex Work Place Passageをご愛顧いただき有難うございます。

2017年4月11日より、Windows 10 Creators Updateが提供されています。

4月14日にご案内のとおりFlex Work Place Passage(以降、Passageと記載)が
インストールされている端末に対してCreators Updateを適用後に、
Passageが適用している下記ローカルグループポリシーが削除されることを確認しております。 

http://swsupport.yrl.co.jp/2017/04/1972/

また、上記の事象とは別に下記①の不具合を確認いたしました。
そのため、Windows 10をご利用のお客様に関しましては、Windows 10 Creators Update へのアップデートをお控え願えますようお願い申し上げます。

①Windows 10 Creators Update 後の端末でPassageをアンインストールすると、アンインストールが正常に完了しない

 通常、Passageアンインストール後、Passageをご利用していたドメインユーザーのユーザーフォルダ情報は、リダイレクトサーバーのユーザーフォルダ(既定:Zドライブ)またはローカルワークスペースのユーザーフォルダ(既定:Rドライブ)から、Passageインストール前のローカルのユーザーフォルダ(C:\Users\[ログオンユーザー名])にリストアされます。
 -------------------------------------------------------------------------------------------
 Passageインストール前のユーザーフォルダパス:C:\Users\[ログオンユーザー名]\Desktop
 Passageインストール後のユーザーフォルダパス:Z:\[ユーザー名].[ドメイン名]\Desktop(リダイレクト先)
                        :R:\[ユーザー名].[ドメイン名]\Desktop(ローカルワークスペース)
 -------------------------------------------------------------------------------------------
 しかし、本事象が発生した端末では、これらユーザーフォルダ情報がインストール前の状態にリストアされず、リダイレクトサーバーまたはローカルワークスペースのユーザーフォルダーを参照した状態となります。

本事象につきまして詳しい状況、調査が出来次第、サポートサイトにて情報を逐次ご案内させて頂きます。

ご利用のお客様にはご迷惑をお掛け致しまして誠に申し訳御座いません。
何卒ご理解頂けますようお願い申し上げます。