FAQ

Flex Work Place Unifierに関するFAQはこちら

 

Windows 8/8.1/10の高速スタートアップ 非サポートについて

対象OS

Windows 8/8.1/10

対象バージョン

Flex Work Place Unifier/Passage のすべてのバージョン

詳細

Windows 8以降のOS(Windows 8/8.1/10)には、高速スタートアップ機能が搭載されています。
本機能は、シャットダウン前のシステム情報(メモリ、CPU、デバイス等の情報)を保存しておき、次回の起動を高速化するWindowsの機能です。
本機能が有効の場合、Flex Work Place Unifier/Passage で以下の影響を受けることが確認されています。

[Flex Work Plae Unifier]

 ・Unifierクライアントの設定(インベントリ情報、設定ファイル等)が更新されません。
 ・複数のユーザーでPCを共有する環境で問題が発生することが確認されています。

[Flex Work Place Passage]

 ・Passageクライアントの設定(設定ファイル、ポリシーファイル等)が更新されません。

上記の影響から、Flex Work Place Unifier/Passageで高速スタートアップが有効な環境におきましては非サポートといたします。
これらの影響を受けないようにする手順につきましては、下記の1)~3)の手順を実施ください。

手順

1).Unifier/Passageクライアントへ管理者としてサインイン

 Unifier/Passageクライアントへ管理者でサインインします。
 ※Passageクライアントの場合、管理者モード(インストールユーザー、ドメイン管理者)でサインインします。

2).電源オプションから高速スタートアップの無効化

【グループポリシーから高速スタートアップを無効化する手順】
 グループポリシーを使用して高速スタートアップを無効化する場合は、下記ポリシーの無効化を実施ください。

管理用テンプレート (コンピューター) ポリシー名 設定値
コンピューターの構成\管理用テンプレート\システム\シャットダウン 高速スタートアップの使用を要求する 無効

【レジストリを登録して高速スタートアップを無効化する手順】
 レジストリエディター(regedit.exe)から下記レジストリの値を「0」に変更することで高速スタートアップを無効化することが可能です。

キー HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Power
名前 HiberbootEnabled
種類 REG_DWORD
0(無効)

【クライアントから高速スタートアップを無効化する手順】

 Windowsキー+Rをクリックしファイル名を指定して実行から「powercfg.cpl」と入力して「OK」をクリックします。
 

 

 

 

 

 

電源オプションから「電源ボタンの動作の選択」を選び、「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャットダウン設定が変更可能となるため「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックを外し、「変更の保存」をクリックします。

 

 

 

 

 

 

 

 

3).「更新または再起動後にサインイン情報を使ってデバイスのセットアップを自動的に完了します」の無効化
 スタートボタンをクリックし、設定画面を開きます。
 ※ドメインに参加しているクライアントでは本作業は不要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Windowsの設定画面から「アカウント」をクリックします。

 

 

 

 

 

 

 

アカウント画面から「サインインオプション」を選択し、サインインオプションのプライバシーから「更新または再起動後にサインイン情報を使ってデバイスのセットアップを自動的に完了します」をオフにします。

 

 

Flex Work Place Unifierの機能について教えてください

以下のWEBサイトをご参照ください。
https://www.yrl.com/flexwp/overview/#fwp_u

Windows 10 更新プログラムの更新タイミングを制御する方法を教えてください

対象バージョン

Unifier  v4.6 , v5.x

詳細

Windows 10では利用者のニーズに合わせて、Windows Updateの更新タイミングを延期させることができます。このサービスを利用することで、
数台のPCだけに最新のHotFixを当て、社内で利用するソフトウェアが正常に動作することを確認した後で、全社へ展開することを想定した運用が可能です。
本FAQにて、下記表に記載しましたCBおよびCBBをUnifierから設定する場合の方法等を記載します。

▼ 詳細はこちらのMicrosoft社のリンクを参照下さい

Windows 10のサービスオプション
更新プログラムおよびアップグレードに関するWindows 10のサービスオプション

サービス
オプション

説  明 サービス期間

Current Branch
(CB)

リリースの前に新機能を確認して、新機能に関するフィードバックを提供し、
既にあるアプリケーションやハードウェアとの互換性を早期に検証するために、
少数のPCでWindows Insider Programブランチを利用できます。
これらのPC は、通常、ITテストに使用される専用のPC、IT管理者が使用する
予備のPC、その他の重要でないデバイスです。

Microsoft が最初
に発行した直後
~
 約 4 か月

 

Current Branch
for Business
(CBB)

組織内の大半のユーザーについては、Current Branch for Business (CBB)
によって、長い時間をかけて、段階的に新機能を展開できます。
Microsoft が最初
に発行してから
約 4 か月後
 ~
約 8 か月

Long-Term
Servicing Branch
(LTSB)

重要なデバイスや特殊なデバイス(工場の機械装置、POS システム、ATM など)
の場合、Long-Term Servicing Branch (LTSB)によって、新機能を受け付けない
バージョンのWindows 10 Enterpriseを提供します。
ただし、セキュリティやその他の更新プログラムによって長期的なサポートが
継続されます (Long-Term Servicing Branch は別の Windows 10 Enterprise
イメージであり、Microsoft Edge、Cortana、Windowsストアなど、
多くの付属アプリが削除されている点に注意してください)。

Microsoft が発行
した直後
~
10 年

※ サービスオプション毎に、サポートされるエディションがありますので、詳しくはMicrosoft社のサイトご注意ください。

CBおよびCBBの設定方法

サービスオプションを切り替えるには、3通りの方法があります。

・画面操作で設定する

・ポリシーで設定する

・レジストリで設定する

Unifierを利用してCBおよびCBBの設定を行う場合には、配布パッケージを作成して、クライアントPCのレジストリを設定することで可能です。
下記はクライアントPCに設定するレジストリ情報です。

キー名 HKEY_LOCAL_MACHINE\software\microsoft\windowsupdate\UX\Settings
DeferUpgrade
データ 0 : アップグレードを延期しない(既定)  CB向け
1 :  アップグレードを延期する       CBB向け


画面でCBおよびCBBの設定を行う場合は、
下記手順をご確認下さい。 

① 「スタートメニュー」から「設定」をクリックします。
② 「設定」ウィンドウで「更新とセキュリティ」をクリックします。
③ 「更新とセキュリティ」ウィンドウで「詳細オプション」をクリックします。
01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④ 「詳細オプション」ウィンドウで「アップグレードを延期する」のチェックボックスを設定します。
 チェックボックスを無効 … CB向け 
 チェックボックスを有効 … CBB向け
02

 

 

 

 

 

 

 

 

Windows 10のバージョンを取得する方法を教えてください

対象バージョン

Unifier v4.6 , v5.x

詳細

 カスタムインベントリにて、Windows 10のバージョン情報を取得する方法を下記に記載します。

 Unifier管理コンソール および レガシー管理コンソールのカスタムインベントリ設定を開き、以下の設定を行います。  
 情報種別  ファイルプロパティ情報
 ファイルパス  c:\windows\system32\winver.exe 
 プロパティ名  Version

ファイルパスはWindowsフォルダの環境に応じて変更をお願いします。

 

【カスタムインベントリ収集結果(例)】
  
 10.0.14393.0 (rs1_release.160715-1616)
         OS Buildの情報
 
 Windows 10のバージョンについては、Microsoft社のサイトの「OS Build」をご確認下さいますよう、お願い致します。