Passageインストール後に、Passage Plateの設定を変更する方法はありますか?

掲載日: 2017年01月30日 16時47分

対象バージョン

v.2.5.0以降

詳細

ローカルワークディスクの形態を「RAMディスク」としている場合は、設定ファイルを編集することでRAMディスクの設定(RAMディスクのサイズ、ドライブレター等)を編集することが可能です。
詳細は「RAMディスクの設定を変更する手順」を参照ください。

ローカルワークディスクの形態を「仮想ディスク」(VHDディスク)としてインストールした場合は、パラメータを編集することはできません。
「仮想ディスク」(VHDディスク)のディスクサイズを変更したい場合は再インストールを実施ください。

RAMディスクの設定を変更する手順

1.Passageクライアントにインストールユーザーでログオンします。

2.Passage Configuratorの実行ファイル「psgconfigurator.exe」の右クリックメニューから「管理者として実行」をクリックします。

3.[ファイル]メニューの[開く]をクリックします。

4.[設定ファイルを開く]画面で、設定ファイルの格納先フォルダーパスへアクセスして、設定ファイルを選択します。
 設定ファイルの標準の格納先フォルダーパスは、下記のとおりとなります。
 格納先フォルダーパスは、インストール時に指定したインストール先フォルダーパスのパラメーターで変化します。

5.[開く]ボタンをクリックします。

6.Passage Configuratorの各項目のタブが選択可能になります。[ローカルワークスペース]のタブをクリックします。

7.RAMディスクのサイズのドロップダウンメニューからディスクサイズを選択します。ディスクサイズの説明については下表をご確認ください。
 ※その他の設定情報につきましてはPassage Configurator操作マニュアルをご参照ください。

設定項目 パラメーター 説明
RAMディスクのサイズ サイズ 形態RAMのPassage Plateのサイズを設定します。
既定値は、「256(MB)」です。
最小ディスクサイズのパラメーターは、「64(MB)」です。
最大ディスクサイズのパラメーターは、x86 OSが「992(MB)」です。x64 OSが「4095(MB)」です。

8.設定が完了したら[保存]ボタンをクリックします。

9.設定ファイルを保存するフォルダーパス指定して、保存します。

10.上書き保存する場合は、[設定ファイルを保存する]画面で、[はい]ボタンをクリックします。

11.[OK]ボタンをクリックします。設定変更後、Passageクライアントを2回再起動することで編集したパラメータが適用されます。