移行されたユーザーデータをPCへリストアする手順を教えてください

掲載日: 2017年01月31日 14時04分

対象バージョン

すべてのバージョン

詳細

移行されたユーザーデータはPassageアンインストール後もリダイレクトサーバーまたはクラウド上のストレージ領域に保存されています。
そのため、Passageアンインストール後は手動でユーザーデータをPCにリストアする必要があります。

Passageオンプレミス版の場合は、「Passageオンプレミス版の場合」を参照ください。
Passage Cloudの場合は、「Passage Cloudの場合」を参照ください。
Passage Expressでインストール時に[Active Directoryによる認証を行う]にチェックした場合、「Passageオンプレミス版の場合」を参照ください。
Passage Expressでインストール時に[Active Directoryによる認証を行う]にチェックをしなかった場合、「Passage Express(AD認証無)の場合」を参照ください。

Passage オンプレミス版の場合

Passage オンプレミス版の場合、ユーザーデータはPassageインストール時に指定したリダイレクトサーバーの共有フォルダーに保存されます。
PCへユーザーデータをリストアする場合は下記手順を実施ください。

1).ダウンロードリンクから圧縮ファイルをダウンロードします。

UserDataReturn

2).圧縮ファイルを解凍し、バッチファイル(UserDataReturn_RevX.bat)をメモ帳で開きます。

3).メモ帳から5行目にリダイレクトサーバー名またはリダイレクトサーバーのIPアドレスを設定します。

【バッチファイルのフォーマット(5行目)】

rem ■リダイレクトサーバー名 or リダイレクトサーバーのIPアドレス
set PSGSRV=リダイレクトサーバー名

※ダウンロード時は、「FILESRV」というダミーの値が設定されています。値を削除し、ご利用の環境に併せて設定を編集して下さい。

4).リダイレクトサーバーの構築時にリダイレクトバッチを編集し、共有名を変更している場合は以下の8行目の共有名を変更します。
  共有名を変更されていない場合は本作業は不要です。

【バッチファイルのフォーマット(8行目)】

rem ■共有名-初期値
set SHARENAME=passage$

5).メモ帳を上書き保存して終了します。

6).PassageインストールPCにインストールユーザーでログオンし、Passageをアンインストールします。

※インストールマニュアル/管理者マニュアルをご参照いただき、Passageクライアントのアンインストールを実施ください。

7).Passageアンインストール後、PCを再起動します。

8).PC再起動後、ユーザーデータの移行を実施したユーザーアカウントでログオンします。

9).ログオン後、手順1)~5)で編集したバッチファイル(UserDataReturn_RevX.bat)をダブルクリックします。

10).メッセージの内容を確認し「Y」入力後、Enterキーを押下します。

11).バッチファイルを実行後、ログオンユーザーのユーザーデータがユーザープロファイル領域にリストアされます。

ユーザープロファイル領域 フォルダー名
%USERPROFILE%\Contacts アドレス帳
%USERPROFILE%\Favorites お気に入り
%USERPROFILE%\Downloads  ダウンロード
%USERPROFILE%\Desktop デスクトップ
%USERPROFILE%\Documents  マイ ドキュメント
%USERPROFILE%\Pictures マイ ピクチャ
%USERPROFILE%\Videos マイ ビデオ
%USERPROFILE%\Music マイ ミュージック
%USERPROFILE%\Searches 検索
%USERPROFILE%\Saved Games 保存したゲーム

※リダイレクトサーバー上のユーザーデータは、リストア後も残ります。
 リダイレクトサーバー上のユーザーデータが不要な場合は、手動で削除してください。

※バッチファイル実行後、ユーザーデータがPCに戻らない場合は下記をご確認ください。

バッチファイルを(UserDataReturn_RevX.bat)をメモ帳で開き、11行目のデバッグフラグを「0」→「1」に編集し、再度バッチファイルを実行することでログファイルが出力されます。
実行時のエラー画面及び、出力された「YYYYMMDD_PROFDL.LOG」という名称のログファイルを、弊社サポートまでご送付ください。
※出力されるログファイルはバッチファイルを実行した年月日がファイル名に設定されます。

【バッチファイルのフォーマット(11行目)】

rem ■デバッグフラグ(1以外=実行モード、1=デバッグモード)
set DBGLOG=1

Passage Cloudの場合

Passage Cloudの場合、リダイレクトされたユーザーデータはクラウド上のストレージ領域に保存されます。

PCにユーザーデータを戻す場合は、別途Flex Work Place Concourseアプリケーションをインストールして頂き、ConcourseアプリケーションからユーザーデータをダウンロードすることでPCに戻す必要があります。

【事前準備】

①Concourseアプリケーションからユーザーデータをダウンロードするために「ローカルPCダウンロード」の設定を「ON」に変更する

1).企業管理者アカウントにてConcourse管理コンソールへログオンします。
2).[ポリシー管理]を開きます。
3).[ローカルPCダウンロード]を[ON]に切り替え、[更新]ボタンをクリックします。
4).[ログアウト]ボタンをクリックします。

②PCにConcourseアプリケーションをインストールする

本作業を行うには、事前にConcourseアプリケーションのインストールが必要です。
Concourseアプリケーションがインストールされていない場合、下記ダウンロードページからインストールメディアを取得し、インストールを実施ください。

Flex Work Place Concourse インストールメディア ダウンロードページ

【リストア手順】

1).Passage CloudインストールPCに管理者権限でログオンし、Passage Cloudのアンインストールを実施します。

※インストールマニュアルを参照し、アンインストールを実施ください。

2).Passage Cloud アンインストール後、PCを再起動します。

3).PC再起動後、ユーザーデータをクラウド上のストレージ領域へ移行したユーザーでログオンします。

4).Concourseアプリケーションを起動し、ログオンユーザーでサインインします。

5).共有ファイル一覧にて「ユーザー名.コンピュータ名」フォルダを右クリックし「ローカルPCにダウンロード(L)」をクリックします。

-マイフォルダ

|-ユーザー名.コンピュータ名

6).ダウンロード先のフォルダーを指定し「フォルダの選択」をクリックします。

7).下記メッセージが表示されます。「実行」ボタンをクリックします。

クラウド上のマイフォルダ/ユーザー名.コンピュータ名 配下の全てのフォルダ・ファイルを
ローカルPC上の <ダウンロード先のフォルダーパス> にダウンロードします。
ファイル数・ファイルサイズにより、ダウンロードには数時間かかる場合があります。
実行ボタンをクリックすると、ダウンロードが開始されます。

 

8).「実行」をクリックして暫くすると下記メッセージが表示されます。ダウンロード後、「OK」ボタンをクリックしConcourseアプリケーションを終了します。

クラウド上の マイフォルダ/ユーザー名.コンピュータ名 配下○個のファイルと○個のフォルダを
ローカルPC上の <ダウンロード先のフォルダーパス> にコピーしました 

9).ダウンロード先のフォルダーを開き、PCの「%USERPROFILE%」(C:\Users\<ログオンユーザー名>)にダウンロードしたユーザーデータをコピーします。

Concourseアプリケーションでダウンロードしたユーザーデータのフォルダー内の下記3点のサブフォルダー/ファイルはコピーする必要はありません。

・「%RECYCLE.BIN」フォルダ

・「.DAV」フォルダ

・desktop.ini

また、ダウンロードしたユーザーデータの「マイ ドキュメント」はユーザープロファイル領域のフォルダー名と異なるため、コピーの際はご注意ください。

ユーザープロファイル領域 フォルダー名

Concourseからダウンロードしたユーザーデータ

%USERPROFILE%\Contacts アドレス帳 ユーザー名.コンピュータ名\Contacts
%USERPROFILE%\Favorites お気に入り ユーザー名.コンピュータ名\Favorites
%USERPROFILE%\Downloads  ダウンロード ユーザー名.コンピュータ名\Downloads
%USERPROFILE%\Desktop デスクトップ ユーザー名.コンピュータ名\Desktop
%USERPROFILE%\Documents  マイ ドキュメント ユーザー名.コンピュータ名\Personal
%USERPROFILE%\Pictures マイ ピクチャ ユーザー名.コンピュータ名\Pictures
%USERPROFILE%\Videos マイ ビデオ ユーザー名.コンピュータ名\Videos
%USERPROFILE%\Music マイ ミュージック ユーザー名.コンピュータ名\Music
%USERPROFILE%\Searches 検索 ユーザー名.コンピュータ名\Searches
%USERPROFILE%\Saved Games 保存したゲーム ユーザー名.コンピュータ名\Saved Games

※Concourseアプリケーションからダウンロードしたユーザーデータはクラウド上に残ります。
 クラウド上のユーザーデータが不要な場合は、リストア後にConcourse管理コンソールからユーザーの削除を実施ください。

Passage Express(AD認証無)の場合

Passage Expressでインストール時に[Active Directoryによる認証を行う]にチェックをしなかった場合、
ユーザーデータはPassageインストール時に指定したリダイレクトサーバーの共有フォルダーに保存されます。
AD認証が無いため、リダイレクトサーバーの共有フォルダーへのアクセスには接続用認証アカウントのユーザー名、パスワードが必要となります。
本手順においてもリストアするために接続用認証アカウント情報が必要となるため、あらかじめ準備して頂きますようお願い致します。
PCへユーザーデータをリストアする場合は下記手順を実施ください。

1).ダウンロードリンクから圧縮ファイルをダウンロードします。

UserDataReturnExp

2).圧縮ファイルを解凍し、バッチファイル(UserDataReturnExp.bat)をメモ帳で開きます。

3).メモ帳から5行目にリダイレクトサーバー名またはリダイレクトサーバーのIPアドレスを設定します。

【バッチファイルのフォーマット(5行目)】

rem ■リダイレクトサーバー名 or リダイレクトサーバーのIPアドレス
set PSGSRV=リダイレクトサーバー名

※ダウンロード時は、「FILESRV」というダミーの値が設定されています。値を削除し、ご利用の環境に併せて設定を編集して下さい。

4).リダイレクトサーバーの構築時にリダイレクトバッチを編集し、共有名を変更している場合は以下の8行目の共有名を変更します。
  共有名を変更されていない場合は本作業は不要です。

【バッチファイルのフォーマット(8行目)】

rem ■共有名-初期値
set SHARENAME=passage$

5).メモ帳を上書き保存して終了します。

6).PassageインストールPCにインストールユーザーでログオンし、Passageをアンインストールします。

※インストールマニュアル/管理者マニュアルをご参照いただき、Passageクライアントのアンインストールを実施ください。

7).Passageアンインストール後、PCを再起動します。

8).PC再起動後、ユーザーデータの移行を実施したユーザーアカウントでログオンします。

9).ログオン後、手順1)~6)で編集したバッチファイル(UserDataReturnExp.bat)をダブルクリックします。

10).「Passage Express接続用ユーザー名を入力してください。」というメッセージが表示されたら、現在ログオンしているユーザーのユーザー名を入力してEnterキーを押下します。

11).「Passage Express接続用ユーザーのパスワードを入力してください。」というメッセージが表示されたら、現在ログオンしているユーザーのパスワードを入力してEnterキーを押下します。

12).確認画面が表示されます。メッセージの内容を確認し、情報に問題なければ「Y」入力後、Enterキーを押下します。

13).バッチファイルを実行後、ログオンユーザーのユーザーデータがユーザープロファイル領域にリストアされます。

ユーザープロファイル領域 フォルダー名
%USERPROFILE%\Contacts アドレス帳
%USERPROFILE%\Favorites お気に入り
%USERPROFILE%\Downloads  ダウンロード
%USERPROFILE%\Desktop デスクトップ
%USERPROFILE%\Documents  マイ ドキュメント
%USERPROFILE%\Pictures マイ ピクチャ
%USERPROFILE%\Videos マイ ビデオ
%USERPROFILE%\Music マイ ミュージック
%USERPROFILE%\Searches 検索
%USERPROFILE%\Saved Games 保存したゲーム

※リダイレクトサーバー上のユーザーデータは、リストア後も残ります。
 リダイレクトサーバー上のユーザーデータが不要な場合は、手動で削除してください。

※バッチファイル実行後、ユーザーデータがPCに戻らない場合は下記をご確認ください。

バッチファイルを(UserDataReturnExp.bat)をメモ帳で開き、11行目のデバッグフラグを「0」→「1」に編集し、再度バッチファイルを実行することでログファイルが出力されます。
実行時のエラー画面及び、出力された「YYYYMMDD_PROFDL.LOG」という名称のログファイルを、弊社サポートまでご送付ください。
※出力されるログファイルはバッチファイルを実行した年月日がファイル名に設定されます。

【バッチファイルのフォーマット(11行目)】

rem ■デバッグフラグ(1以外=実行モード、1=デバッグモード)
set DBGLOG=1