CD/DVDによる光学ディスクへの書き込みを許可する方法はありますか?

掲載日: 2017年01月31日 17時19分

対象バージョン

すべてのバージョン

詳細

Passageインストール後に、インストールユーザーでログオンし、ポリシーファイルを編集することでCD/DVDによる光学ディスクへの書き込みアクセスを許可することが可能です。
ただし、光学ディスクへの書き込みに Windowsの標準機能を使用する場合には、別途「Windows標準のCD焼き付け機能を有効にする方法はありますか?」の設定と合わせて実施する必要があります。

手順

1.PassageインストールPCにインストールユーザーでログオンします

2.ポリシーファイルを開くためにメモ帳を管理者権限で起動します

・Windows7 の場合
[Windows ボタン]-[すべてのプログラム]-[アクセサリ]-[メモ帳]の右クリックから、[管理者として実行(A)]をクリックします。

・Windows 8 / 8.1 の場合
アプリの一覧画面の[メモ帳]の右クリックから[管理者として実行(A)]をクリックします。

・Windows 10 の場合
[Windows ボタン]-[Windows アクセサリ]-[メモ帳]の右クリックから、[管理者として実行(A)]をクリックします。

3.ポリシーファイルの格納先へアクセスし、ポリシーファイルを開きます
 既定の格納先は下記の通りです。

C:\Program Files\YRL\Flex Work Place Passage\Config\psgpolicy.xml

※ポリシーファイルを開く際には、ファイル形式は「すべてのファイル」を選択します。文字コードは「UTF-8」を選択します。

4.ポリシーファイルを開いたら、下記のフォーマットを参考にパラメーターの値を「1」→「0」に変更します。

【ポリシーファイルのフォーマット】

<SubKey>Software\Policies\Microsoft\Windows\RemovableStorageDevices\{53f56308-b6bf-11d0-94f2-00a0c91efb8b}</SubKey>
<Name>Deny_Write</Name>
<Value>パラメーター</Value>

【設定項目と既定パラメーターの説明】

設定項目 パラメーター 説明
Value  1(初期値) ポリシーを有効とするパラメーターになります。
0 ポリシーを無効とするパラメーターになります。

5.ポリシーファイルを編集して、上書き保存します。

6.ポリシーファイルの編集後、Passageクライアントを2回再起動することで編集したパラメータが適用されます。