Passage Driveクライアントで作成したワークスペースを別端末から選択することは可能ですか?

掲載日: 2018年05月25日 09時49分

対象バージョン

Passage Drive v.1.0.0、1.1.0

詳細

可能です。
別端末から作成した既存のワークスペースを使用するには以下の制限事項がございます。
制限事項ならびに手順の内容をご確認のうえ、ご利用いただけますようお願いいたします。

No 制限事項
1 既存のワークスペースを別端末で使用するには、どちらのPassage Driveクライアントも同じ Office 365アカウント をOneDriveに設定する必要があります。
2 Passage Driveクライアントに初めてサインインする制限ユーザーは、必ずワークスペースを作成し、作成したワークスペースで初回サインインする必要があります。
その為、初回サインイン時に既存のワークスペースを選択することは出来ません。
既存のワークスペースは、初回サインインを行い、サインアウト、再サインインを実施したタイミングでワークスペース選択画面から選択可能となります。
※詳細は下記手順をご確認ください。

手順

本手順は、「既存のワークスペースが作成済みあること」、「ワークスペースを作成した端末とは異なる端末であること」、「制限事項No1の通りどちらの端末も同じOffice 365アカウントをOneDriveに設定していること」を前提とした手順となります。

1.別端末(Passage Driveクライアント)に制限ユーザーでサインインします。

2.初回サインイン時はワークスペース作成画面が表示されます。
 ワークスペース名を入力して「OK」ボタンをクリックすると、
ワークスペースの作成が行われます。

 

 

 

 

 

 

3.ワークスペース作成後、ワークスペース選択画面が表示されます。
 制限事項No2の通り、初回サインイン時は作成したワークスペースでのサインインが必要となる為、「OK」ボタンをクリックしてサインインします。
 「OK」ボタンをクリックするとワークスペースの切り替え、制限ユーザーによるサインインが行われます。

 

 

 

 

 

 

4.制限ユーザーによるサインインに成功するとPassage Drive Plateが表示されます。
 サインイン直後は、OneDriveの更新/同期が実行され、インジケータのOneDriveアイコンには更新マークが表示されます。
 暫くしてからOneDriveアイコンに更新マークが消えること(下図)をご確認のうえ、サインアウトを行います。
 ※初回サインイン後、即座にサインアウト、再サインインを行うと、ワークスペース選択画面から既存のワークスペースが表示されない場合があります。
  必ずOneDriveアイコンの更新マークが消えることをご確認のうえ、サインアウト、再サインインを実施ください。

 

 

 

 

 

 

 

5.サインアウト後、再サインインします。
 ワークスペース選択画面が表示され、ワークスペース名のプルダウンメニューから既存のワークスペースを選択/使用することが可能となります。