「パブリック」配下のフォルダーにファイルが作成できないのですが、作成する方法はありますか?

掲載日: 2018年07月13日 13時38分

対象バージョン

v.2.5.0以降

詳細

Passageクライアントでは、管理者権限にてログオンしたユーザーでも「パブリック」フォルダにはファイルを作成することはできません。

「パブリック」配下のFavoritesやDocumentsなどにファイルが保存できないのは、Passageをインストールした際に「パブリック」フォルダに書込み拒否のアクセス権が設定されるためで、この書込み拒否が管理者権限のあるユーザーに対しても有効になってしまうため、管理者権限を持ったユーザーでログオンしてもこのフォルダには書き込みができません。
回避策としては一時的にアクセス権を緩めるなどの対処が必要となります。
詳細は手順をご参照ください。

手順

本手順は、「パブリック」フォルダーのアクセス権を変更する手順となります。

① Passageインストールユーザまたは管理者権限のあるユーザーでログオンします。
② 「C:\users\public」をマウスの右クリックから「プロパティ」をクリックします。
③ 「セキュリティ」タブをクリックして、「グループ名またはユーザー名」の欄にある「INTERACTIVE」を選択します。
④ 書き込みの「拒否」にチェックが入っているので「編集」ボタンをクリックして、書き込みの「拒否」を外し「OK」ボタンをクリックします。

 ※アクセス権を変更した場合には、セキュリティ維持のためにも一連の作業が終了しましたら、元の設定に戻しておいてください。

注意事項

・本手順実施後は、一般ユーザーが「パブリック」フォルダー配下にファイル書き込みが可能となります。
・Passageのバージョンアップ時にはアクセス権が自動的に戻ります。(拒否にチェックが入ります)