OneDrive 自動保存機能の無効化について

掲載日: 2018年09月25日 11時30分

対象製品

Flex Work Place Passage/Passage Drive

OneDriveバージョン

Microsoft OneDrive Ver.18.111.0603以降のバージョン

※上記バージョン以降、OneDrive for Businessアカウントを設定した場合に自動保存機能が使用可能
※個人用アカウントの場合、上記以前のバージョンからも使用可能。

詳細

対象製品に上記バージョンのOneDriveアプリケーションがインストールされた環境にて、OneDrive 自動保存機能を有効にした場合に下記事象が発生することを確認しております。
そのため、対象製品をクライアントPCにインストールしご利用する場合は、OneDrive 自動保存機能を無効にしていただけますようお願いいたします。

■Passage

・OneDrive 自動保存機能を有効にしているとユーザーデータ移行に失敗する

■Passage Drive

・OneDrive 自動保存機能を有効にしているとワークスペースの作成に失敗する

OneDrive 自動保存機能とは

ユーザーの「デスクトップ」、「画像」、「ドキュメント」の3つのユーザーフォルダーをOneDrive上に保存する機能です。
詳細はマイクロソフトの下記サイトをご参照ください。

Windows 10 は既定で OneDrive にファイルを保存する