Windows10 移行と運用

 

Windowsのサポート・ライフサイクル期間とは

現在広く使われているWindowsには、サポート・ライフサイクル期間という、Windowsの製造元であるMicrosoft社からのサポートを受けられる期間が設定されています。

この期間は、Windows製品の発売後から最低5年間の「メインストリームサポート」と、その後の最低5年間の「延長サポート」により、合計で最低10年間のサポートを受けることができます。

製品名 サポート開始日 メインストリーム
サポート終了日
延長サポート
終了日
Windows Vista 2007/01/25 2012/04/10 2017/04/11
Windows 7 2009/10/22 2015/01/13 2020/01/14
Windows 8/8.1 2012/10/30 2018/01/09 2023/01/10
Windows 10 2015/07/29 2020/10/13 2025/10/14

 

 

 

サポート・ライフサイクル期間が過ぎるとどうなる?

メインストリームサポート及び延長サポートがともに過ぎたWindows製品は、以下のようなサポートを受けることができなくなります。

  • Windows製品の新機能追加
  • 有償/無償の個別サポート
  • セキュリティに関する問題の修正プログラム
  • セキュリティ以外の不具合の修正プログラム

 

マルウェアやウィルス、悪意のあるユーザーはWindows製品の不具合やセキュリティの問題個所を探し出し、そこを悪用することで様々な攻撃を仕掛けてきます。
つまり、サポート期間が終了した状態のPCを使い続けることで、以下のような危険にさらされることが考えられます。

  • 未知のマルウェア、ウィルスへの感染する可能性が高くなる
  • フィッシング詐欺に合う可能性が高くなる
  • なりすましの被害に遭う可能性が高くなる
  • 個人情報、企業の機密情報が漏洩する危険性が高まる
      … etc

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、現在の最新バージョンであるWindows10に移行しておけば、サポート期間が1番長いので、しばらくの間は大丈夫!!

 

…というわけではありません!

 

「Windows10」という名前は変わらないものの、半年毎に新しいバージョンのWindowsがリリースされることになっています。
つまり、定期的に新しいバージョンへ移行していく必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

そこで、今回は以下のような検証を行いました。

Windows 7 から Windows 10 への移行

Windows 10 を大量に準備する

アプリケーション管理(個別導入)

 

 

※上記検証レポートへのご連絡やご意見・ご要望がございましたら、以下メールアドレスにお願い致します。 (ご回答・原因の特定・改修・修正をお約束するものではありません)